写真の会会報バックナンバー
写真についての情報を会員の間で効果的に知らせ合うために会報の発行が提案され、会報第1号が受賞パーティーに合わせて発行された。89年いっぱいまでは月刊であったが、それ以降は年に原則4回の発行となった。記事内容は主に写真評論、書評、展評、インタヴュー記事など。判形はA4サイズ20頁前後(号によって異なる)。
会報の指針は
●会員の自発的な作業による
●投稿原稿による
●投稿されたものは原則としてすべて載せる
●掲載はおおむね原稿の到着順
●原稿料はナシ
●年4回発行を目標とする
会報は、会員のほか、カンパしてくださった方に郵送している。

現在「写真の会」会報は以下の号のバックナンバーを取り揃えています。バックナンバーに関するお問い合わせ、お取り寄せをご希望の方は以下のメールアドレスからお問い合わせ下さい。また、蒼穹舎(東京都新宿区)にも在庫が常備されています。
※77号以降は500円。他は300円になります。
info@shashin-no-kai.com
■79号(2016年7月30日発行)
写真の会会報79号
●第28回写真の会賞決定
「骨の髄」「手負いの熊」(甲斐啓二郎/展覧会)
『COLOR PHOTOGRAPHS』『垂乳根』(横田大輔/写真集)
●「第28回写真の会賞」選考会、文字によるドキュメンタリー
●選評(深川雅文、沖本尚志、タカザワケンジ、高橋義隆、鈴木一誌)
●発掘インタビュー:追悼・中居裕恭
遡上の光景を見つけるまで ―Work Shop写真学校、CAMP、北点を通過して
■78号(2015年12月25日発行)
写真の会会報78号
●インタビュー:光のアーカイブ
「連続性」をキーワードに
シグマ・フォビオン・システムを取材する 株式会社シグマ
●吉村朗写真集制作者インタビュー
Akira Yoshimura Works 吉村朗写真集
大隅直人、深川雅文、湊雅博、山崎義弘
●第27回写真の会賞受賞 フォトストリートインタビュー
井上雅史、川口和之、島内治彦、前田好教、松田耕一
●「西井一夫年譜」補遺
写真の「いつ、どこ」と世界史を結ぶ場所
日高敏さんに聞く
■77号(2015年8月1日発行)
写真の会会報77号
●第27回写真の会賞決定
『this year's model』伊丹豪
「フォトストリートの活動」Photo Street同人(井上雅史、川口和之、島内治彦、前田好教、松田耕一)
●「第27回写真の会賞」選考会、文字によるドキュメンタリー
●選評(深川雅文、沖本尚志、タカザワケンジ)
●選評にかえて
「Photo Street」の活動について 高橋義隆
デザイナー・秋山伸に聞く 鈴木一誌
●インタビュー:写真で文明論やろうよ!―国境なき写真家旅団のリスタート
阿部淳、平野正樹
●「残せなかった面影―母の残像、その死」高橋義隆
■76号(2014年10月23日発行)※品切れ
写真の会会報76号
●「着地させない、橋を渡りきらない」
写真家・阿部淳さんにインタビューする
●「【報告】阿部淳の写真について」白仁田剛
●「第26回写真の会選考会選評」つづき(沖本尚志、タカザワケンジ)
●「時代に刻まれたエロスの痕跡 原芳市私論3」高橋義隆
■75号(2014年8月2日発行)※品切れ
写真の会会報75号
●第26回写真の会賞決定
『Dark Light ダークライト』(内田京子、K.STUDIO刊)
『NEW TEXT』(小野啓、赤々舎刊)
●第26回写真の会賞選考会、文字によるドキュメンタリー
●選評(沖本尚志、深川雅文、白仁田剛、鈴木一誌)
●戯曲「熱風」(飯名尚人=作)
●「時代に刻まれたエロスの痕跡 原芳市私論2」高橋義隆
■74号(2013年8月3日発行)※品切れ
写真の会会報74号
●第25回写真の会賞決定
『jp0205』(松江泰治、青幻舎刊)
『市民』『黒白ノート』『黒白ノート2』(阿部淳、VACUUM PRESS刊)
●第25回写真の会賞選考会、文字によるドキュメンタリー
●選評(タカザワケンジ、深川雅文、白仁田剛、鈴木一誌)
●「時代に刻まれたエロスの痕跡 原芳市私論」高橋義隆
■73号(2013年2月28日発行)
写真の会会報73号
●「写真には謎がなければならない」写真家・原芳市さんにインタビューする
●「二〇一二年、長崎にて 東松照明、山端庸介を中心に」高橋義隆
●写真家・小林紀晴さんにインタビューする「写真と言葉をめぐって 『メモワール 写真家・古屋誠一との二〇年』を読み解く」
●太田順一著『写真家 井上青龍の時代』「伝説の写真家」の生涯を、陰影豊かに、等身大に描いた評伝 タカザワケンジ
■72号(2012年7月14日発行)
写真の会会報72号
●第24回写真の会賞決定
●『光あるうちに』『現の闇』(原芳市、蒼穹舎刊)
●「展覧会"富士幻景"をはじめとするIZU PHOTO MUSEUMの活動について」
●第24回写真の会賞選考会、文字によるドキュメンタリー
●白仁田剛のギャラリーめぐり
■71号(2012年4月20日発行)※品切れ
写真の会会報71号
●マッチアンドカンパニーインタビュー「デザインの領域を超えて 写真集出版、国内外で流通に力を注ぐ「チーム」の裏側」
●藤田満さんインタビュー「みんなが東を向いているときは、西を向いている」
●「言葉を引き剥がされた〈モノ〉たちの群像 進藤万里子写真集『bibo』について」/高橋義隆
●「デジタル・アナログから、「写真」という言葉を再考する」/白仁田剛
■70号(2011年7月2日発行)※品切れ
写真の会会報70号
●第23回写真の会賞決定
『在所』(藤田満、冬青社刊)
『大阪』(百々俊二、青幻舎刊)
●ドキュメンタリー[第23回写真の会賞]選考会
●選評:淺野文宏、白仁田剛、鈴木一誌、深川雅文
●震災地から遠く離れて/伊勢功治
●白仁田剛のギャラリーめぐり
■69号(2011年2月11日発行)
写真の会会報69号
●見ることと読むことの運動体としての写真 ー写真の会賞受賞者に聞く 溝部秀二さんの巻ー
聞き手:高橋義隆 記録:永田典子
●写真集『FLOW AND FUSION』とシリーズ「our face」の新たな展開 ー北野謙さんインタビューー
聞き手:淺野文宏 記録:永田典子
●伊勢功治「溶游する世界、粒子としての自己ー北野謙写真集『FLOW AND FUSION』」
●2010年に刊行されたおもな写真集
■68号(2010年7月13日発行)※品切れ
写真の会会報68号
●第22回写真の会賞決定「here and there ソウル/東京」溝部秀二
●受賞の言葉/溝部秀二
●[第22回写真の会賞]選考会報告/伊勢功治
●[第22回写真の会賞]選考会ドキュメント
●選評・淺野文宏、木村泰明、鈴木一誌
■67号(2010年3月15日発行)※品切れ
写真の会会報67号
●比田井一良さんインタビュー
「プリントの可能性を求めてー写真家たちとの時間を超えた対話」
●高橋義隆「自主ギャラリーという場所」
第3回「ワークショップ写真学校」と「イメージショップCAMP」の時代〜其の一〜
●白仁田剛のギャラリーめぐり
■66号(2009年7月7日発行)
写真の会会報66号
●第21回写真の会賞決定
受賞の言葉/森山大道(「北海道」)、高橋しげみ(「小島一郎写真集成」および小島一郎研究)
[第21回写真の会賞]選考会報告
[第21回写真の会賞]選考会ドキュメント
選評/深川雅文、鈴木一誌
●高橋義隆「照り返された風景〜『松江風景』の地にて〜」
●伊勢功治「「写真集」の時代」
●これまでの写真の会賞受賞作品一覧
■65号(2009年4月17日発行)
写真の会会報65号
●採録トークショー「写真の灯台 自主ギャラリーの現在」
〈出席者〉瀬戸正人(PLACE M)、尾仲浩二(街道)、牟田義仁(galeria Q)、中藤毅彦(Gallery Niepce)、篠原俊之(Roonee247 photography)、 有元伸也(TOTEM POLE PHOTO GALLERY)、大田通貴(蒼穹舎ギャラリー)、ゲスト:長谷川明、司会:高橋義隆
●伊勢功治「セルフ・ポートレイトー自己への眼差し
●2008年に刊行されたおもな写真集一覧
■64号(2008年8月30日発行)
写真の会会報64号
●第20回写真の会賞決定
●受賞作品の紹介、受賞の言葉
●[第20回写真の会賞]選考会報告:伊勢功治
●[第20回写真の会賞]選考会ドキュメント
●選評:生井英考、白仁田剛、鈴木一誌、深川雅文、増田玲
●高橋義隆「坂口トモユキ「HOME」についての私論(試論)」
■63号(2008年6月5日発行)
写真の会会報63号
●自主ギャラリーという場所
PLACE M インタビュー
瀬戸正人、 水谷幹治
ギャラリー・ニエプス インタビュー
中藤毅彦、渡辺大祐、村上仁一
[インタビュアー:高橋義隆]
●白仁田剛のギャラリーめぐり
■62号(2007年12月2日発行)※品切れ
写真の会会報62号
●「土と草と空がある庭だけですべてが写せる」:写真の会賞受賞者に聞く 古屋誠一さんの巻
●「写真の北/写真の南」
参加者:
鵜飼哲(フランス文学思想)
倉石信乃(写真批評家)
宮城潤(那覇/NPO法人前島アートセンター理事長)
濱治佳(山形国際ドキュメンタリー映画祭コーディネーター)
●高橋義隆:「未来の残像 新倉孝雄写真集『ワンダフル・ストリート』から得た雑感」
■61号(2007年7月14日発行)※品切れ
写真の会会報61号
●第19回写真の会賞決定
●受賞の言葉:古屋誠一
●[第19回写真の会賞]選考会報告
●[第19回写真の会賞]選考会ドキュメント
●選評:淺野文宏、白仁田剛、鈴木一誌
●伊勢功治:「古屋誠一『Memories1983』と『冬の旅』」
●高橋義隆:「まなざしの物語」
●白仁田剛のギャラリーめぐり
■60号(2006年12月25日発行)※品切れ
写真の会会報60号
●伊勢功治:「前衛写真」の時代と瀧口修造
●白仁田剛:「白仁田剛のギャラリーめぐり」
●高橋義隆:「ノイズまみれの世界に秩序を ―写真に関する雑感―」
■59号(2006年7月15日発行)※品切れ
写真の会会報59号
●第18回写真の会賞決定
●受賞者のことば:風間健介、松井洋子
●[第18回写真の会賞]選考会報告
●[第18回写真の会賞]選考会ドキュメント
●選評:楠本亜紀、鈴木一誌、深川雅文、松山巌
●写真、「場」へのオマージュ―写真集「夕張」と「風知草」をめぐって:伊勢功治
●白仁田剛のギャラリーめぐり:坂口トモユキ「Home」、新井卓の新作制作
■58号(2006年3月18日発行)※品切れ
写真の会会報58号
●境界線上の人を撮る 新倉孝雄さんに聞く
●高橋義隆:「刹那と邂逅する傍観者 〜新倉孝雄著『私の写真術 コンポラ写真って、なに?』によせて〜」
●伊勢功治:「八戸からのプロヴォーク 〜ICANOF『メガネウラ MEGANEURA』展報告」
●2005年刊行写真集リスト
■57号(2005年7月16日発行)※品切れ
写真の会会報57号
●第17回写真の会賞
●受賞者のことば=制作者を代表して平嶋彰彦
●[第17回写真の会賞]選考会報告
●[第17回写真の会賞]選考会ドキュメント
●選評:淺野文宏、鈴木一誌、深川雅文
●伊勢功治:宮本常一にとっての民俗学と写真 -『宮本常一写真・日記 集成』(毎日新聞社)を見ながら
●伊勢功治:ICANOFという名の発光体について
●北野謙インタビュー:「『our face』に向かう旅『our face』ではじまる旅」(聞き手・構成:浅野文宏)
■56号(2005年3月18日発行)※品切れ
写真の会会報56号
●目の焦点を外して歩く 〜写真家・楢橋朝子さんに聞く〜
●伊勢功治:「オノデラユキの写真的実験 〜オノデラユキ写真展/国立国際美術館(大阪)」
●あつしな・るせ:「“広告的写真家”平野正樹と、そこから生まれるメディアミックス 〜平野正樹作品と芸術家集団『the art. pub』について」
●白仁田剛:写真の会の皆様へ
■55号(2004年7月10日発行)※品切れ
写真の会会報55号
●第16回写真の会賞
●受賞者のことば:北野謙、楢橋朝子
●[第16回写真の会賞]選考会報告
●[第16回写真の会賞]選考会ドキュメント
●選評:淺野文宏、伊勢功治、鈴木一誌、増田玲、深川雅文
●白仁田剛から鈴木一誌あての私信
●伊勢功治:「『この星』に見たもの - 野口里佳写真集『この星』/写真展『飛ぶ夢を見た』」
●書評・展評:深川雅文
■54号(2004年1月5日発行)※品切れ
写真の会会報54号
●インタビュー・本山周平:「風景に負けるという感じ、でも、どうにかしてやろうという気持ち」
●伊勢功治:「王権のおよばぬところの花、ささやき 〜太田順一写真集『化外の花』をめぐって〜」
●鈴木一誌:「写真一点ずつの存在感へ カルティエ現代美術館『DAIDO MORIYAMA』展(パリ)レポート」
●平野正樹:「国境なき写真家旅団からの呼び掛け」
●深川雅文:書評・展評