テキスト・アーカイヴ
■伊勢功治 [いせ こうじ]
グラフィックデザイナー。1956年富山県生まれ。1980年中央大学経済学部卒、1982年桑沢デザイン研究所卒、1988年デザイン事務所「伊勢工房」設立、1992年より「写真の会」に参加。2006年に第14回桑沢賞を受賞。
◎これまでの主な仕事:
【ブックデザイン】
「ロベール・ドアノー写真集」('92年、リブロポート)、「ポール・ボウルズ作品集」('95年、白水社)、「現代詩手帖」('97〜'98年、思潮社)、長倉洋海写真集「獅子よ瞑れ アフガン1980-2002」('02年、河出書房新社)、本橋成一写真集「アレクセイと泉」('02年、小学館)、オノデラユキ写真集「カメラキメラ」('02年、水声社)、「安部公房の演劇」('04年、水声社)、「クリスチャン・ボルタンスキー」('04年、水声社)、「ジョン・ハートフィールド」('05年、水声社)他。

【展覧会図録】
「エルスケン写真展」('93年、朝日新聞社)、「生誕100年ラルティーグ写真展」('95年、朝日新聞社)、「青木野枝彫刻展」('00年、目黒区美術館)、「オノデラユキ写真展」('05年、国立国際美術館)他。

【展示構成・デザイン】
本橋成一写真展「ナジャージダ-希望」('02年、東京都写真美術館)、長倉洋海写真展「獅子よ瞑れ アフガニスタン1980-2002」’03(京都市美術館)他
【掲載タイトル】
#写真の「記録」について知っている二、三の事柄(2000年2月発行会報45号掲載:エッセイ)
# 「写真の会」活動報告(2000年2月発行会報45号掲載:レポート)
# 溶断と溶接の境界 ――写真家石内都について(2000年12月発行会報48号掲載:エッセイ)
# 関美比古君のこと(2002年6月発行会報52号掲載:エッセイ)
# 『この星』に見たもの│野口里佳写真集『この星』/写真展「飛ぶ夢を見た」(2004年7月発行会報55号掲載:評論)